satoshinocurry’s diary

月曜と木曜はスパイスカレーの日!

豚と白菜の煮込みカレーとジャガイモのプルシェーリーとラッサム

こんばんはさとしです。煮込むカレーの時は片手間に何品か作れるので今日はカレー3種類(カレーと呼べるかわからないがインド料理)を作りました。

 

f:id:satoshi-beer:20190325194703j:image

豚肉と白菜の煮込みカレー

f:id:satoshi-beer:20190325194708j:image

ジャガイモのプルシェーリー(ヨーグルトカレー)

f:id:satoshi-beer:20190325194712j:image

ラッサム(辛酸っぱいスープ)

 

豚肉と白菜のカレーは土臭いブラックカルダモンが香る薬膳感のあるカレーになりました。白菜がシャバシャバなのでどちらかというと鍋物のような感じで食べれました。玉ねぎを真っ黒に炒めたのでコクがあって味が薄いかな?と思いましたが食べれました。

 

プルシェーリーはつくるのは2回目。ヨーグルトは煮込まないように注意。クミンもマスタードシードもきらしてるので今日はフェンネルでさっぱりと。濃い香りを出したかったのでホールチリとフェヌグリークパウダーを加えました。ヨーグルトの酸味が主な味わい。主役ではないカレーな気がします。こってりなタンドリーチキンや味の濃いおかずの付け合わせにいいと思います。

 

ラッサムはここ最近気になっているスープ。トマトペーストを入れるとトマトスープのような濃さやへんなコクが出てしまうのであくまで水っぽいスープを意識。唐辛子の香ばしさとスパイスの香りが特に大事だと思います。今日はずるして父の中華のしこみにでてきた豚の煮込んだスープを使用して、これだけでも美味いじゃん?っていうスープに味付けしました。というか、ベースの味わいが美味しくないとスープは美味しくないですよね。